若者たちが結婚しない本当の理由とは・・・。

 

 某H雑誌企画の名物コーナーが電子書籍になりました!
 「ボクにもセフレができました」 
いまひとつ本音が出せない恋人といるよりも、
頭真っ白、獣になれるセフレとの時間を楽しみたいという
若者が激増中らしい。
漫画担当は「東京スポーツ」「サンケイスポーツ」
「朝日新聞」「東京中日スポーツ」などで
活躍していた〜駅前りょかん〜
 ヤ○チン、ナンパ師、社交的でもない
 内向的、人見知り、女性恐怖症、エロ本好き、、、 
である読者がどうやってセフレが作れたか?
 女性とHが出来たか?
 全国から寄せられてきた簡単に
セフレが出来た成功例を
 3P漫画にしてご紹介。 
手紙、はがき26通、メール231通 
 合計257通から選ばれた13例を
 電子書籍にしてみました。
すべて、読者から寄せられた体験談をもとにして 
制作させていただきました。 
 漫画総数は39ページ(1話3P 13話掲載) 
1話「本当にあった!セックス目的だけで集まる出会い系サイト」 
2話「天の声を聞き、思い切って東京人のフリをして地方へナンパ営業」 
3話「都市伝説〜あの会釈女は本当にいた!」 
4話「男のチンボルを評価してくれる女性たち」 
5話「ライブ会場に入れなかったファンにファンのふりして声をかけてみた」
 6話「宅配業者の間で話題の「痴女マンション」に潜入してみた」 
7話「3Pの相手を求めて声をかけてくるカップル通り」 
8話「元出会い系サイトを運営していた人のお話」 
9話「別居中の人妻と行くバスツアー〜ネット上はいかがわし企画で溢れている」 
10話「超マニアック同人誌〜都内ヤリマン情報誌〜知人の漫画家が購入」 
11話「セレブな主婦絵画倶楽部のモデルに行ってみた」 
12話「マニアを前に聞き上手に徹してみました・・・その結果・・・」 
13話「ひとりで行動するのが好きな女性に、思い切って声をかけてみました」 
 成功例がそのまま実践につながるとは思いませんが、 
こんなことで、 
なるほど、
ここまでやるのか、
 本当か?
 などなど、いろいろな感じ方で 
読者体験漫画を楽しんでもらえると嬉しいです。
   
 「ボクにもセフレができました」
 黒豆書房

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| 実体験 漫画 成人雑誌企画 内向的 引っ込み思案 ひきこもり 孤独 | 11:14 | - | - | - | - |
 
 

3年前まで、フリーライターをしていた加納徹です。

JUGEMテーマ:独り言

3年前まで、フリーライターをしていた加納徹です。

  現在44歳。 フリーライターといえば、

聞こえがいいかもしれなが、

具体的にやっていた仕事内容を話せば、

ライターというより身体を張った三流コメディアンのようなもの。

主な発表場所は、風俗関係雑誌と実話誌系雑誌。

  わりと人気?があり、長期連載をさせてもらったのは、

風俗雑誌では、

60歳以上限定完熟熟女風俗嬢とのH体験取材を克明に描いた

「今夜も熟熟(じゅくじゅく)」と、

女編集者と温泉街に出向き、素人の女性に声をかけ、

セン●リを見てもらうという企画 「男一匹!仁王勃ち一泊旅行」。

(あぁ〜、今思い出しても情けねぇ、・・・生きるって大変だ)。

  実話誌系雑誌では、

昭和漫画の実写化シリーズ「勝手にバカ実写化」が、

長期連載。 毎月、コスプレの準備やら、

現場移動が大変だったなぁ・・・。

妖怪になりきって、他人様の墓地で運動会をしてみたり、

富士の樹海に出向いては野犬と対決、

はたまた、全身青色に塗り、

100メート以上ある鉄塔の上で座ってみたりしていた。

いやはや、今思い起こせば、大変なことばかりだったが、

  これらは、オレの中では、名刺代わりになるコーナー。

そんな、オレがライター時代、

大人の事情wでボツになった原稿を 電子書籍にしました。

2009年頃、四谷界隈で噂になっていた

「下水人間」を電子書籍にしてみました。

・・・だ、そうです。。。

下水人間 「Kindle版」

唖然・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

///////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////
| 実体験 漫画 成人雑誌企画 内向的 引っ込み思案 ひきこもり 孤独 | 09:51 | - | - | - | - |