3年前まで、フリーライターをしていた加納徹です。

JUGEMテーマ:独り言

3年前まで、フリーライターをしていた加納徹です。

  現在44歳。 フリーライターといえば、

聞こえがいいかもしれなが、

具体的にやっていた仕事内容を話せば、

ライターというより身体を張った三流コメディアンのようなもの。

主な発表場所は、風俗関係雑誌と実話誌系雑誌。

  わりと人気?があり、長期連載をさせてもらったのは、

風俗雑誌では、

60歳以上限定完熟熟女風俗嬢とのH体験取材を克明に描いた

「今夜も熟熟(じゅくじゅく)」と、

女編集者と温泉街に出向き、素人の女性に声をかけ、

セン●リを見てもらうという企画 「男一匹!仁王勃ち一泊旅行」。

(あぁ〜、今思い出しても情けねぇ、・・・生きるって大変だ)。

  実話誌系雑誌では、

昭和漫画の実写化シリーズ「勝手にバカ実写化」が、

長期連載。 毎月、コスプレの準備やら、

現場移動が大変だったなぁ・・・。

妖怪になりきって、他人様の墓地で運動会をしてみたり、

富士の樹海に出向いては野犬と対決、

はたまた、全身青色に塗り、

100メート以上ある鉄塔の上で座ってみたりしていた。

いやはや、今思い起こせば、大変なことばかりだったが、

  これらは、オレの中では、名刺代わりになるコーナー。

そんな、オレがライター時代、

大人の事情wでボツになった原稿を 電子書籍にしました。

2009年頃、四谷界隈で噂になっていた

「下水人間」を電子書籍にしてみました。

・・・だ、そうです。。。

下水人間 「Kindle版」

唖然・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

///////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////
| 実体験 漫画 成人雑誌企画 内向的 引っ込み思案 ひきこもり 孤独 | 09:51 | - | - | - | - |